トイレのつまり

トイレのつまり

トイレは、水回りのアクシデントの代表とも言える場所です。トイレには、実にいろんなものがつまります。トイレットペーパー以外だとティッシュペーパー、生理用品や紙おむつ、ボールペン、子供のおもちゃなど落とすつもりのない意外なものが、トイレの中から発見される場合があります。トイレ業者を家に呼んでトイレの配水管の中を調べてもらうと、意外な物がつまっていることがあるようです。

物を落としたとしても水を流さなければ問題ありませんが、落としたことに気づかずに流してしまうことがあります。つい習慣で、用を済ませた後にレバーを回してしまうクセなども、「あっ」と思ったときには遅く、配水管に流れていってしまいます。

配水管に流れたとしても、途中でつっかえなければそのまま流されていって、トイレに異常が出ない場合も見られます。しかし、長い間に配水管の中に汚れが付着して管が細くなっていると、そこに異物が栓をしてトイレがつまることになります。

ありがちなのは、水を思い切り流して異物を流してしまおうとする行為ですが、これは止めた方がよいでしょう。配水管がつまっている場合、水は流れに逆流します。その結果として、汚物があふれ出てくる場合がありますから要注意です。やってはいけないことのひとつです。


Comments are closed.