トイレ業者を呼んだ後

トイレ業者を呼んだ後

近くのトイレ業者であれば、電話で連絡を取ってから数十分でやってきます。トイレのつまりなど水回りのアクシデントの原因がハッキリしていれば、携帯電話で事情を説明しておくと作業に取りかかりやすいかもしれません。

トイレ業者は見積りを提示してから作業に入りますから、金額を確認して納得できればトイレのつまりを直してもらえます。単につまっているだけの場合は、すぐにトイレが使えるようになるかもしれませんが、深刻な故障の場合だとトイレが使えない場合があります。その場合は、近くのコンビニにでも行ってトイレを貸してもらうとよいでしょう。

作業が終わったら、その場で現金を支払う業者も少なくありませんから、現金を用意しておいてください。電話したときに見積り金額を聞いておけば、おおよその金額がわかるでしょう。実際に作業をしてみないとどれぐらいかかるのかわかりませんが、原因がだいたいつかめていれば予測がつくのではないでしょうか。

注意したいのは、トイレの故障が夜間に起きた場合です。深夜にトイレ業者を呼び寄せて作業を行う場合は、騒音が近状迷惑になることもありますから、応急処置だけしてもらって昼間に出直してもらった方がいいかもしれません。

水があふれ出た場合

水があふれ出た場合

水回りのアクシデントで、トイレから水があふれ出た場合ですが、ひとまず汚水をバケツなどを利用してほかの場所に移しましょう。トイレがつまったときに便利な、ゴムでできた「スッポン」というお椀を逆さにしたような吸盤となっているグッズがあります。ひとまず、これを使ってみましょう。スッポンを使うことで異物が取れる場合があります。

素人ができることは、これぐらいです。スッポンを使っても異物が回収できないか、トイレのつまりが解消されない場合は、トイレ業者を呼んでください。こういうことが起こったときのために、普段から頼りになりそうなトイレ業者を探しておくことが大切です。

トイレづまりの最中は、トイレ業者を探す時間的な余裕がない場合があるからです。精神的にも、のんびりとトイレ業者を選んでいる余裕はないでしょう。トイレがあふれてどうしようもない状態になったら、軽いパニック状態です。一人暮らしの人の場合は、一人でなんとかするしかありません。

トイレのつまりを直すときは、携帯電話を持って入りましょう。どうしようもなくなったら、携帯電話でトイレ業者を呼び出して指示だけ仰ぐことも可能です。そんなときのために、事前にすぐに連絡のつくトイレ業者を探しておくことが大切です。

トイレのつまり

トイレのつまり

トイレは、水回りのアクシデントの代表とも言える場所です。トイレには、実にいろんなものがつまります。トイレットペーパー以外だとティッシュペーパー、生理用品や紙おむつ、ボールペン、子供のおもちゃなど落とすつもりのない意外なものが、トイレの中から発見される場合があります。トイレ業者を家に呼んでトイレの配水管の中を調べてもらうと、意外な物がつまっていることがあるようです。

物を落としたとしても水を流さなければ問題ありませんが、落としたことに気づかずに流してしまうことがあります。つい習慣で、用を済ませた後にレバーを回してしまうクセなども、「あっ」と思ったときには遅く、配水管に流れていってしまいます。

配水管に流れたとしても、途中でつっかえなければそのまま流されていって、トイレに異常が出ない場合も見られます。しかし、長い間に配水管の中に汚れが付着して管が細くなっていると、そこに異物が栓をしてトイレがつまることになります。

ありがちなのは、水を思い切り流して異物を流してしまおうとする行為ですが、これは止めた方がよいでしょう。配水管がつまっている場合、水は流れに逆流します。その結果として、汚物があふれ出てくる場合がありますから要注意です。やってはいけないことのひとつです。

水回りのアクシデント

水回りのアクシデント

水回りでアクシデントが起こると、部屋に水漏れなどの影響が出るおそれがあるため注意が必要です。水漏れの起こりやすい場所ですが、キッチンやお風呂場、トイレなどの蛇口付近です。水回りのトラブルとしては蛇口が壊れるとか、配水管に汚れがつまったり、管にヒビが入るなどのトラブルが考えられます。

突然大きな故障が出るというのはまれで、普段からキッチンやお風呂場の排水口の流れが悪かったり、トイレの水が流れにくくなっているなど、何かしら予兆のようなものがあるはずです。それらの予兆に気づかないか、後回しにしているとある日突然、大きな異常につながる場合があります。

特にトイレは、つまった場合に汚物があふれ出すおそれのある場所ですから、ほかのところとは緊急度が異なります。ほかの水漏れについては、水道の元栓を止めることで緊急対応できますが、トイレだけはそれだけでは不十分です。いつ故障してもすぐに修理できるように、連絡のつくトイレ業者を探しておいてください。壊れたときに急いで探しても、見つからない場合があります。

水回りのトラブルが起こったときすぐに駆けつけてくれるトイレ業者を探しておかないと、とっさのときに適当な業者を選ばなくてはならなくなります。トイレ業者のなかには、適当な作業をして高い料金を取るところも少なくありませんから、適当な業者を選ぶとそのような業者に当たってしまうこともあるでしょう。トイレの調子が悪いと思ったときに探しておくことで、緊急時に適切な対応をしてくれる業者を呼ぶことができます。当サイトでは、トイレの水漏れの対象法などを紹介します。